2008年8月4日月曜日

歴史の証人

イバン・ロドリゲス→ヤンキース移籍、マニー・ラミレス→LAドジャース移籍も相当驚いたが、何と言ってもケン・グリフィーのホワイトソックス移籍は相当衝撃的だった。




ずっとこのままホワイトソックスに居て欲しいのが本音だが、またどこかに移籍してしまう前に、ジュニアのホワイトソックス関連アイテムを買い漁りたい。





さて、皆さんダンディハウスという会社をご存知だろうか?かつては「カズ・ダンディズム」や、最近だと桑田佳祐を起用したCMでお馴染みの会社だ。正式にはシェイプアップ・ハウスという会社が運営しているメンズエステで、女性版はミス・パリというブランドで展開している。














ダンディハウスのユニークなCMは前述の通りだが、実はココ、これまでメジャーリーグの各局面(特に節目節目のタイミング)で度々お茶の間に露出している。





最近だと、本ブログでも取り上げたイチローの3000本安打達成時。



















































松坂大輔、メジャーデビュー時。


































桑田真澄、感動のメジャー昇格時。

































野茂英雄、200勝達成時。

















































気付くといつもそこにはダンディハウスが。





誰しもが注目するこういったタイミングに、いつもオイシイ思いをしている会社だろうと思われがちだが、それは違うハズ。




いつ打つか分からない、いつ勝つか分からない、いつ投げるか分からないという段階から企画を練って、その瞬間にかける執念と、失敗のリスクを背負う勇気。




そんな覚悟の上に成り立っている、ダンディハウス独自のユニークな戦略なのだろう。




ココが次に狙っている獲物は一体何だろう。





明日はいよいよ待ちに待った初戦。現役の選手達よりもOBの方がソワソワしてるのかも。8月に入っても母校の応援が出来る喜びを、もう少しだけ噛みしめていたい。

1 件のコメント:

パパ さんのコメント...

次は松井の500号ですかね…まだしばらく先だね。松坂の150勝かね。これもちょっと先だね。帰国後はキヨの1打席1打席を目に焼き付けたいと思います。