2008年1月31日木曜日

聖地 (はじめに)

昨日は大阪に行き、うんちく検事とミーティングを。



帰りの新幹線でたまたま隣に座ったアメリカ人のおばあちゃん(推定70歳)がやたら話しかけてきたので、話を聞いてると何でも「灯台」マニアらしい。日本は世界でも稀にみる灯台の宝庫らしい。



そして彼女ははるばるニューヨークから時間を見つけては、南は鹿児島から北は北海道まで、日本中の灯台を巡っているらしい。結局灯台の魅力を2時間以上も語ってくれた。ディープな世界である。



ちなみに日本の次に灯台が素晴らしい国は?と聞くと迷わずチリ!と言っていた。思わずへぇ~。と。



尚、デカが知ってる灯台は江ノ島だけである。












これではお前はうんちく検事とミーティングをして、おばあちゃんと灯台の話をしながら帰ってきただけなのか?なんてお叱りを受けかねない内容だが、ちゃんと甲子園球場(以下甲子園)の改装についての捜査を行ってきた。




皆さんご承知の通り、2007年オフから2010年の開幕にかけて甲子園は徐々に改装されていく。伝統を継承しながら、最新鋭の設備が部分的に投入されていく予定。



工事は全てオフシーズンという徹底ぶりで、春・夏の高校野球やプロ野球の開催に影響は与えない。ただしタイガースが08年、09年シーズンにプレーオフ進出した場合のみ、他球場(京セラドームorスカイマーク)を臨時ホーム扱いとする。


以前は新しいドーム球場を建設するなんて噂もちらほら聞こえてきたが、あえなく断念。(良かった…)



いずれにしろ「建て替え」ではなく、「改修」という選択をしたからには、これからも永遠の聖地として現役で頑張ってもらいたいものである。




ということで今後数回に渡り、今までの甲子園とその個性を振り返るとともに、改修のポイントについて触れて行きたいと思う。



1 件のコメント:

にっこりテリー さんのコメント...

いいなぁ ミーティング
いいなぁ、米国老婦人との語らい